鬼石に行って来ました。
本庄駅で鬼石行きのバスを待ってる時。 目の前には1本のコーラのペットボトルが。
別にこれといって特別な風景ではないけれど、そのペットボトルがなんだか気になって。
一口飲んだのか、それとも全く飲んでないのか。
そんな事を考えながら、そのペットボトルを眺め、あさみちゃんとおしゃべりしてました。
バスに乗り、もめちゃん家近くのバス停で降りると、もめちゃんが待ってくれてました。
手には懐かしい柄のコップを持って。
蚊に噛まれた足をボリボリ掻きながら、私たちにそのコップを差し出し一言。
   
   『ね、コーラ飲む?』

あっ、そう! やっぱりー? オッケーオッケー! そうね。そうね。
もめちゃん家には、真っ黒の兄弟猫2匹が住み着いてました。1匹は目が見えない猫。
2匹が寄り添うように生きてました。
転げ落ちるじゃがいもに、描きかけの絵。
どこを切り取っても、小説の中の話のようで。
次の日は、私は調子悪くなってしまい、陽が当たる2階で死んでたら、たくさんの人の声が。
あさみちゃんファミリーやら、犬やら、他のアーティストさんやら。
炎天下の中、あっぱーぱー着て、ウニちゃん(あさみちゃん兄の犬ちゃん)を抱っこして笑ってるもめちゃん。
なんかお盆のおばあちゃん家に来たみたい。
私は、引きこもりがちの高校生のダメ息子みたいな気分に。 う。う。動けないーーー。
その辺に転がってた雑誌をめくると、ジェーン・バーキン特集でした。

女の幸せ。女の生き方。
若い頃から<おばあちゃん>として生きるのが1番女を全うしてるんではないのかしら。
となんとなく思ったりして。

↓は鬼展で展示していただいてる私の作品です。
f0177673_1503051.jpg

f0177673_1523734.jpg
中を開けるとサプライズで鬼がいます。ポケットになってます。

                    
                     『鬼展』
 
              場所:群馬県鬼石町・Kjell Hahnさんのアトリエにて
              日時:8月15日(土)~8月23日(日)
              詳細:http://kjellhahn.com/oni_ten/

鬼石よかところよ。また行きます。
[PR]
by tomo-tomoenne | 2009-08-16 15:13 | バッグ
designed by
ryota_mihara