もめちゃんが帰った

もめちゃんが帰っちゃった。先週の木曜朝6時半。だいぶ経ってるけど。
おむすびをこしらえて、持たせてあげた。おばあちゃんの気分になりたくて。
もめちゃんは、大きな風呂敷の中にそのおにぎりを忍ばせ、シャルルドゴールに向かった。
(もめちゃんも、おばあちゃんっぽい。)
淋しいって言葉を出したくないくらい、淋しくなった。
もめちゃん在仏最終日、フランス人のおじちゃん&カンボジア人のおばちゃん夫婦の経営する
(何故か)イタリアン・カフェでお昼ご飯食べた。
涙が出るくらいチャーミングで、飾らない御夫婦。
日本は大丈夫かと聞かれた。
そしていらないカンカンの箱を4つ、なんか整理するのに使って!と、袋に包んでくれた。
その後公園を散歩して、鴨を見ていたら、あるおばあちゃんと仲良くなって30分くらい立ち話。
彼女もなんと、絵描きだった。
私はおばあちゃんの話を聞きながら、春の風にフサフサなびく、おばあちゃんの白髪の髭を見てた。
70%話の内容は分かった。と思う。成長したかもと、ちょっとうれしかった。
その間もめちゃんは、フランス語分かんないので、想像オフレコを楽しんでた模様。
想像オフレコの内容聞くと、遠からず近からず。似たようなもんだった。
ま、そんなもんだ。外国語なんて。外国語って想像クイズだよね、と今回ずっともめちゃんと話してた。
帰りに、もめちゃんが、捨てられてた絵を拾った。
雰囲気が素敵な絵で、よく見ると猫の絵だった。
ずっと良い絵を探してたもめちゃん。最後の最後で道端で拾うとは。
それも猫の絵。もめちゃんが大好きな猫。
もめちゃんは、たくさんのおデッサンを残してくれた。
もめちゃんの描く線が好き。生き生きしてる。
もめちゃん、シテ・ド・フラは、今大変なことになってるよ。
春真っ盛りで、お花でごった返してるよ。藤の花が満開。
藤の花を見ると、何故か<傘踊り>を思い出す&踊りたくなるんだ、私。
さてそんな春風にピッタリの『かごバッグ展』。大阪の雑貨店カナリヤさんにて開催中です。
f0177673_7545162.jpg
私も2点ほど納品しました。今月14日までです。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
[PR]
by tomo-tomoenne | 2011-04-12 07:58 | バッグ
designed by
ryota_mihara